About Desperado

2000年「ファッション」と「アート」の融合、「物」と「者」との融合をテーマにオープンしたDESPERADO。オープンから今日に至るまで、

デザイナー、アーティストとファッション、アートをこよなく愛する方々との出会いがたくさんありました。

これまでの出会いを大切にしながら、「モノ」と「事」の融合、デザイナーやアーティストとそれを求める人との融合を目指しDESPERADOは、

コミュニティストアとして新たに生まれ変わりオープンしました。

DESPERADOでは、バイヤー泉英一が世界中を飛びまわり選び抜いた国内外の若手デザイナーやアーティストの洋服や雑貨を扱います。

DESPERADOでは、ボディで洋服を見せることは一切しません。

スタッフとのコミュニケーションを通じて、また、インスピレーションを刺激する店内やそこで起こる様々なコトから、

お客さまに自由に洋服選びを楽しんでいただきたいと考えています。

買っていただいたその時より、時間を経るほどに喜びが増してくるようなモノをチョイスしてバイイングしています。決して単に流行を追い求めるのではなく、

そのモノのデザインや本質がいつの時代にも溶け込むことができ、価値観が増して、結果的に愛着となりお買得と思えるモノを提供していきたいです。

—ファッションは素晴らしいモノ、楽しいモノ、身近なモノ。そして、それぞれの人のモノであり、よりパーソナルなモノであって欲しいと願っています。— 

泉 英一

About Desperado

Desperado started in 2000 with the shop concept of fusion of “fashion” and “art,” “products” and “people.” From its start there have been so many encounters of designers, artists, and those who love fashion and art deeply.

 

Respecting these encounters, renewal as “community store” was made in 2013 aiming at fusion of “products” and “experiences,” designers/artists and those who look for them.

 

Desperado deals cloths and goods of overseas and domestic young designers and artists, selected by buyer, Eiichi Izumi, flying around the world markets. Desperado never exhibits cloths on bodies. We would like our customers enjoy selection of cloths freely, through communication with our staff as well as inspiration from our shop floor and many things happening there.

 

Buying is made to choose products which give joy that will increase over time from the moment of purchase. It is not just chasing the fashion but offering products whose design and essence can fit in any times, increasing their value, so that our customers feel great affection and “good buy” for them.

 

We hope fashion is something wonderful, fun, familiar, and very personal for each owner.

 

Eiichi Izumi